*くららばあさんnoさんぽみち*

 
02
 
お正月 如何お過ごしでしょうか。
今年もよろしくお願いします。

我が家のお正月は、恒例の福王寺登山から始まります。
登山といっても、標高496.2mの低い山。
山頂の1km下まで自動車道はあるのですが、近年はいつも下から歩いて登ります。
午前11時20分に自宅を出発、着いたのは午後12時50分、1時間半かかりました。

見えてきたのは、山門(二王門) 安土桃山時代の建築だそうです。
DSCN6815.jpg 

福王寺 本堂
DSCN6821.jpg 
福王寺は、鎌倉時代の初期828年に空海により開基されたと伝えられている。
空海が、この山中に一本の変わった形の樹木を見つけ、不動明王像を彫った折り,  池の中から金色の亀が現れたことから、金亀山 福王寺と名付けられた。
(案内板より引用)

その池は、金亀池
DSCN6832.jpg 
今日は、雪と氷でした。
池の周りを回ってみましたが、本堂の方より、寒い気がしました。

大師堂
DSCN6826.jpg 

樹齢数百年の燈明杉
DSCN6834.jpg 
5本のうち、3本が落雷や火災に耐え、生き延びています。
下から見上げると、力強いですね。

今朝は、自宅の方では4cmくらい雪が積もっていました。カーテンを開けてびっくり…
福王寺は上の方なので、たくさん降っただろうな~と心配しながら登ったのですが、昼には少し解けていて登ることができました。

これが我が家の1年のスタート。今年も頑張ります。
この1年が皆様にとって、よい年でありますようお祈り申し上げます。では、また
スポンサーサイト

Comment

2012.01.03 Tue 20:56  |  2012年

kulalaさん家は、福王寺参詣が新年の恒例なんですね。
低い山とはいえ、年始の寒い中の登山、う~ン、私にはたぶんムリかなぁ。Kulalaさんたち、元気があります。
私は宮島大聖院の階段ではぁ~はぁ~息が切れてました(爆)
トータル1時間半のうち、登山はどれくらいの時間されてたんですか?

副王寺って、どこにあるんお寺なんでしょう?
混雑している様子はないような・・・穴場みたいですね。

巨木・古木って、霊的なものを感じますよね。なんか宿っているというか・・・・。生命を維持し続けて、樹齢数百年ってスゴイこと。

2012.01.04 Wed 08:20  |  itatchiさんへ

福王寺は、同じ名前のお寺は他にもあるようですが、私が登っているのは広島市安佐北区可部町にあるんですよ。
ここに来て30数年、来た頃は登っていなかったのですが、いつの頃からか登るようになりました。
それも最初は車で登り、駐車場から15分くらい歩きました。
楽に行けるのですが、山の自動車道、離合とか上の駐車場の場所とりとか、正月から気を使うのが嫌になってきたので、大体歩いています。
今年は二女一家と一緒、孫②あーやは2歳半になろうというのに歩かず、あーやパパがず~とおんぶして行きました。
行きは途中の展望台で休憩するので1時間半いつもかかるのですが、下りるのは早いです。
下りてみると、案内板には普通に歩いて57分とありました。
まあ自宅からそこに行くまでに時間がかかりますから… 
それにしても57分は慣れた人がかかる時間でしょうか。

破魔矢を買って、祈祷していただいて、お経本で「六根清浄」と叩いていただくので、行かないとなんかやり残した感があります。
でも、私たちは年々登るのも辛くなってきたんです。いつまでできるやら…

2日なので人は少なかったでしょうか。
宗教に関係なく、登られる方が多いです。山の上にあるのでより神聖な場所に感じるのでしょうか。
木には触って、耳を当ててみました。雪の中でも温かかったです。

今朝は雨が雪に変わりました。
もう屋根も白くなってきました。
itatchiさんは今日から出勤でしょうか。今年もお互いに元気で頑張っていきましょうね。

  • #-
  • kulala
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://sasukegarden.blog.fc2.com/tb.php/10-65422767
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)
Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ