*くららばあさんnoさんぽみち*

 
21
 
秋晴れの日曜日でした。
バラも少しだけ咲き、寂しい秋の庭を彩ってくれています。

ヒストリー
 

 

エブリン
 

エブリンの鉢の中では、オキザリス・ロバータ
 

地植えのイングリッシュ・ヘリテージ
 

ハンギングしていたカリブラコア リトルパラソルを株元に植えました。
まだ、たくさん咲いています。
 

菊の蕾も少しずつ膨らんでいます。
ティエラ


ま~るく咲くティエラ、お花が一つ咲くように、出てくる蕾を毎日、落としています。
早目に落として、少しでも大きな花が咲くのを楽しみに見つめています。

 

今、大きいので2cmくらいになりました。
菊はあまり育てていませんが、ティエラの挿し木を差し上げましたら、大菊の苗をいただきました。
仕立てはできていませんが、どんなお花か、楽しみです。

いつも実家に帰るときは、脳梗塞なった母を看ていない分、仏壇やお墓の守りをすることだけでもと、菊を買って帰ることが多くなりました。
そこで、カワイイ菊は挿してみようと… ついたのは、これ ↓ です。
 

10cmにも満たないのですが、咲きました。
本気でないので、挿し木の成功は少ないのですが、時々つきます。

今週も元気に過ごしていきましょう。よろしければ、またお越しくださいね。
スポンサーサイト

Comment

2012.10.22 Mon 17:59  |  こんばんは

ヒストリー、牡丹のようですね。
それとやっぱりイングリッシュ・ヘリテージ、いいですね。

白いカリブラコア、よく咲いてきれいですね。
うさぎもかわいい。

菊、こんなかわいいのあるんですね。
近頃切り花はめったに買わなくなったけど
買うなら挿し木してつきそうな花、ってことですね。
ダメもとで挿して、ついたらラッキーですものね。

明日あさっては出かけるので、そのつもりで
花屋さんを覗いてみよう。

2012.10.22 Mon 18:24  |  amocsさんへ

こんばんは~

この季節のヒストリーは花びらが少なくて、ほんと牡丹のように咲いています。
春には重そうな大きなコロッとした蕾をつけます。
今夜から明日、雨の予報なので、先ほど切り花にしました。
一輪でもとてもカワイイです。

イングリッシュ・ヘリテージは、春も秋もよく咲き、育てやすいバラです。
一番の好みは、このやさしいピンクです。
花もちがよくないので、咲いたかと思えばパラパラ散っていきます。
その分、次々と咲いてくれます。

ラティスを飾ったカリブラコア、ペチュニアの中で、この白いカリブラコアが一番よく咲いています。育ててみないと、どのお花がここで一番よく咲いてくれるか、わからないものですね。それも、今年よかったから、来年いいということもないのが難しいところです。

菊のティエラは数年前に鉢植えで買って育てています。
今はたくさん色々な色のポンポン咲きのティエラが出回っていますが、その頃は道行く人に人気でした。
皆さんに「蕾がいっぱいつくと、重すぎるから一つにして~」って言うのですが、一本にたくさん咲かせていらっしゃるようです。

小さなピンクの小菊はカワイイです。
切り花は新鮮でたくさん葉のつけてあるものが挿し木が成功しやすく、道の駅の物が好きです。
これは、お花屋さんか、道の駅で買ったものか忘れましたけど…

気をつけてお出かけくださいね。

  • #-
  • kulala
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://sasukegarden.blog.fc2.com/tb.php/173-5a427606
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)
Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ