*くららばあさんnoさんぽみち*

 
13
 
1月9日(土)正午、山口県徳山港からフェリーに乗りました。
 

2時間後に竹田津港(大分県)に到着です。

まず目指したのは、文殊仙寺(大分県国東市)です。

仁王石像(永和元年)重要文化財
 

国東半島の中央に位置する標高614mの文殊山中腹にあります。
 

本殿 文殊堂  
 

648年(大化4年) 役之行者の開基とされているそうです。
 

御神木 千年欅


2泊3日の旅は文殊仙寺から始まり、次に向かった両子寺は夕方近くで少しの時間だけでした。
出発前夜からの夫の体調不良、夫一人の運転、6歳の孫あーやを連れての旅の始まり。
さて、この後は…
次回に続きます。
スポンサーサイト

Comment

2016.01.14 Thu 09:48  |  歴史を感じる

kulalaさん おはようございます、

ずいぶんと長い歴史のある処に行ってらしたのですね。
お寺さんは大好きですが今は長い石段を見上げてため息!

お孫さんと一緒でこの石段を上がられたのですか。
続きをたのしみに〜〜

  • #GHNS6qd6
  • しおかぜ
  • URL
  • Edit

2016.01.14 Thu 11:29  |  覚えてくださってます?

随分時間がたってしまいましたがお元気そうなご様子をいつも見せていただいていました。
昨年春に宮崎から故郷の別府へ帰ってきました。
温泉街に居を構えやっと落ち着きました。
近じかブログでもと考えて昨日インターネットを引く準備をしたところです。
iPadでは目が疲れて…
又パソコンでと思っています。
このタイトルを見てビックリ、私達も昨年秋に行ったんですよ!
両子山に回って帰りました。
国東は仏の里と言われるところで沢山の仏閣があります、ちなみに実家は国東で今も兄の家族がいますので行き来しています、両子山へはよく遊びに行き今の住職さんとは遊び仲間でした。
実家が先代の住職ご一家ととても仲良しで子供達はお互いに泊まりあったものです。
それはさておき同じ場所を巡ったなんて嬉しくなりました。
次回も更新を楽しみにしてます🎶

  • #-
  • おうめ
  • URL

2016.01.14 Thu 14:35  |  しおかぜさんへ

こんにちは。

文殊仙寺、ほんと歴史を感じました。
自分の足の悪いところを、役之行者さんの足を撫でさせていただくとよくなるようで、撫でさせていただいてきました。
苔むした石段は時の流れを感じ、段数はそれほど多くないのですが、年々足が弱ってきているのを感じます。

3月初めに次女の出産を控えているので、出かけるのは今しかないと計画しました。
夫のまさかの前日からの体調不良、大分県に着いてから、薬屋さんを探し、夜には更に熱まで…、孫も一人連れて行ったで、神社仏閣巡りも予定変更、2泊したのに不完全燃焼で帰ってきました。

熊本県にも行ってみたかったです。
残念ながら、続きはすぐに終わります。(笑)

  • #-
  • kulala
  • URL

2016.01.14 Thu 15:13  |  おうめさんへ

こんにちは。お久しぶりです。
仲良くしていただいていましたもの、忘れるわけありません。
美しくないので会えませんが、時間があれば宮崎にも行きたかったくらいです。
あら~近くまで来たの?って言って欲しかった。

昨年春に別府に引っ越しされたのですか? 画面を見て固まるほど、とても驚きました。
娘さんも近くに家を建てられて、ご主人の建てられた物置もすごいものでした。
双子のお孫さんも近くでしたよね。
猫被害、お庭にいっぱい咲いたお花も忘れられません。
あ~お話ししたいことがいっぱいです。

同じ場所を巡る、うれしいお便りありがとうございます。
両子寺は時間が全然足りなくて、また今度ということになりました。
御朱印を戴いた若いご住職さん、お友達だったのですねぇ。
昨晩も御朱印帖をゆっくり見たところです。

国東半島は10年前に行って、9年前にも行きました。
それでも、行っていない仏閣が多くて、今回行こうとしたのですが、今回は2か所のお寺しか回れませんでした。
国東半島の朝の海はきれいでした。
別府にも行きたかったです。
また、いつの日にか、行きたいと思います。
次回の更新、う~ん、残念ながら期待できません。

ブログ楽しみにしております。
お話しできて、うれしかったです。ありがとうございました。

  • #-
  • kulala
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ