*くららばあさんnoさんぽみち*

 
09
 
ゴールデンウィーク如何お過ごしでしたか。
あっという間に終わっちゃいましたね。

5月4日、由志園(島根県松江市)に行ってきました。
牡丹の館  この中は1年中綺麗に咲いています。
 
 
 

外の牡丹は咲き終わったものが多かったのですが、芍薬は見頃を迎えます。
牡丹と芍薬の見分けがつかなくなったので、並べてみます。
 
 

 

 
 

水に浮かんで
 

藤も綺麗!
 

ここで、ゆっくり
 
見える景色は
 
三万輪の牡丹が浮かんでいるそうです。
 
次の日(5月5日)には黄色に変わったと新聞にありました。
二年前の秋の由志園はこちらです

もう一日どこかで…と出かけたのですが、ゆっくりしている暇もなく、自宅に戻ることになりました。
「ベタ踏み坂」と言われている島根県松江市と鳥取県境港市を結ぶ「江島大橋」
島根県側から6.1%の勾配で44.7mの高さまで登っていきます。
 

さすけの散歩も暴風のなか
 

 

以上、台風のような風の中、山陰へのお出かけでした。
たくさんの画像、最後までお付き合いいただきありがとうございました。 
スポンサーサイト

Comment

2016.05.10 Tue 09:10  |  牡丹の池

kulalaさん   おはようございます、

館の中に入るとお花の香りで蒸せるようでしょう。

牡丹は芍薬より少し大きくて花びらも多いのですか。
立てば芍薬〜と言われますからねえ。

牡丹の花が三万輪とは、驚きですねえ。
落ちそうになるのを浮かべるのでしょうかね。

2年前の由志園拝見しました。日本庭園が大好きな私達にはうっとりと
する秋の紅葉の風景です。ありがとうございました。

2016.05.10 Tue 09:38  |  おはようございます

尾道在住中に何度か行きました
牡丹の館 いつ行っても綺麗に咲いておりました
池?に浮かんでるぼたん まだ見たことなしです
こちらに帰ってからも一度行ってみましたが
やっぱり 良いところでした
又 行きたいですね

  • #-
  • ヒロちゃん7
  • URL

2016.05.10 Tue 15:40  |  しおかぜさんへ

こんにちは。

牡丹の館、狭いところにこれだけ咲くと、香りもいっぱいでしょうが、鼻炎の私にはさっぱりわからないのが残念です。
牡丹と芍薬、茎と木の違い、葉っぱ、蕾の形がありますが、花びらの数形も色々あって、お花だけ撮るととてもわかりにくいです。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」昔から女性の美しさを表現する際に使うようですが、芍薬は毎年茎を土の中から出して茎の先に咲くので、木で育ち、枝分かれして、咲く年数の経った牡丹と比べれば、草丈は短いかもしれません。

池に浮かぶ牡丹の花三万輪、日によって違うようですが、この季節だけのもののようで、初めて見ました。
トレイに入って浮かんでいますが、陽射しに弱い牡丹、近くで見るより、色を楽しむ贅沢さでしょうか。
ここ大根島は全国一の牡丹の産地、牡丹園も他にもありますが、どこでそんな数、咲かせているのでしょうね。

ここ由志園は日本庭園、秋の記事も見ていただきましてありがとうございました。
これから、花菖蒲、紫陽花へと続くようです。

いつもありがとうございます。

  • #-
  • kulala
  • URL

2016.05.10 Tue 15:57  |  ヒロちゃん7さんへ

こんにちは。

大根島の牡丹、見たいけど行けないと先日言いましたが、由志園に夫が連れていってくれました。
尾道に住んでいらっしゃる頃、よく行かれたのですね。
牡丹の館 温度管理されているので、花びらも美しかったです。
池に浮かんでる牡丹、私も初めて!、ゴールデンウィークの時季だけみたいなんです。
それもそのはず、牡丹はほとんど終わっていました。
牡丹祭りは4月9日からやっていたようなので、ゴールデンウィークより前が見頃だったでしょう。
これからは芍薬、花菖蒲、紫陽花と続くようです。
近ければ、年間パスポートで度々季節を感じに行きたい場所です。
お互い、また行けたらいいですね。

ありがとうございます。

  • #-
  • kulala
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ