*くららばあさんnoさんぽみち*

 
04
 
まだまだ寒い日は続きますが、今日は立春
暦の上では春、それだけでも何だか嬉しくなります

我が家の枝垂れ梅は蕾  
 
いつ頃咲くかな~?って、毎日眺めてみるのも楽しみの1つです

母が亡くなって100日になるので、今日は実家に行ってきました
まだ日当たりが悪いところには雪
寒いので家の中から窓も開けずに撮ってみました
 
山と川に囲まれた田舎です
我が家の方と比べると、空気はとてもきれいです
明かりが少ないので、よく夜空を見上げたものです

家の中の春を探してみました
亡母の作った梅の木、70歳を過ぎてから花(主にペーパーフラワー)作りに夢中になりました
 
よ~く見ると、株元にはフキノトウを作っていたようです
飾っていたのを見てはいたのですが、今まで気づかなかった
 
ペーパーの色がないときは、絵の具で色をつけていました

もう一つはピンクのお花
 
こちらは桜のようです
株元の人形は15年前くらいに私が作ったものです
身長8㎝前後、とても下手な人形ですが、お花見の喜びを表現しています
 
帽子被せて、リュックを背負って、お花見しています
 

髪も乱れて、下手な人形ですが、亡母も喜んでくれていたので、今日は夫と妹と一緒に改めて眺めてみました
今の私はとても根気もなくて、何も作っていないのですが、夢中になるものが見つかれば幸せだな~と日々感じています

お越しくださりありがとうございました いい時間を~
スポンサーサイト

Comment

2017.02.05 Sun 10:06  |  お母様の思い出

kulalaさん おはようございます、

ご実家の方とは気候が随分と違いますね。
山の陰で雪もまだ残ってますね。

70歳を過ぎてからの細かい手仕事の習い事とは!
根気とともに手先が器用なお母様だったのでしょう。

本物の盆栽かと見間違えるほどの出来栄えですよー
枝振りも良くて、根元にはちょこっと顔だしたフキノトウさんも!

kulalaさん作成のお人形さんの嬉しそうな表情がすてきです。
乱れてる髪が子供らしさの雰囲気があるんです。
お母様はいつも眺めてはお子さん達の事を思っていらっしたのでしょうか。

もう100ヶ日がすぎましたか。いっそう寂しさが募る日々でしょう。

2017.02.05 Sun 18:32  |  しおかぜさんへ

こんにちは。

山間部はまだ雪が残っていました。
それでも昔に比べると雪が降らなくなり、子どもの頃はこの季節にこんなに雪のないことはありませんでした。
子どもの頃は大好きだった雪も、今は寒いのが苦手なので、雪が少なくて助かります。

そうなんです、母は70歳まで力仕事をしていたので、こんな細かいことなどすることもなかったのですが、公民館などで講習を受けているうちに、少し習っただけでどんどんアイディアもうかんできたようで夢中になりました。
もっと細かなお花とか、大きなものとか、たくさん作っています。
他にも押し絵とかもやっていましたし、下手でも打ち込むことがとても楽しかったようです。
私にはそんな力はないわと、いつも母に言っていたものです

私の人形はグチャグチャですが、小さいので顔の形から整えることが難しかったです。
お花見が楽しい~という感じが出したくて、目の表情を作ってみました。
その頃の私は、次々アイデアも浮かんで、リュックも作ろう!ってことにしたのです。
母がずっと取っていてくれたので載せてみました。
後ろの掛け軸は妹の作品です。
妹は小学生の頃から今でも習字を続けています。
私の方といったら、還暦前に始めたので、下手な習字を毎月清書で提出しなければいけないので楽しみと言うより、苦しんでいます。(笑)

しおかぜさん、ありがとうございます。

  • #-
  • kulala
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ