*くららばあさんnoさんぽみち*

 
04
 
ゴールデンウィーク、如何お過ごしでしょうか。
私は4月27日(金)午後11時30分に出発し、徹夜で夫が車の運転をし、高野山を目指しました。

高速を降りて、大阪をカーナビ頼りに走っていると、住宅街に入って行き止まり、バックしようとしたら、大阪府警のお巡りさん2人に声を掛けられました。午前4時の出来事です。
別に違反していることもなく、「道に迷われましたか?」ということだけだったのですが、このタイミングなんだったんだろうというほど、すぐでした。

高野山に着いたのは翌日午前7時前。
早速、奥之院を目指す私。

昨年12月に四国八十八か所お遍路が結願し、高野山奥之院はその報告をする満願の地です。
杉並木の下、二十万基ともいわれる墓石群の中を歩き、奥之院に向かいます。

御廟橋(ごびょうばし)
 
これより先は撮影禁止、お参りを済ませ、ご朱印をいただきました。

もと来た道をゆっくり戻ります。
織田信長など武将のお墓、樹齢千年を超える杉並木

その中で、豊臣家墓所
豊臣秀吉公とその母公など豊臣一族のお墓がこの杉に下にあります。
 

崇源夫人(江姫)五輪石塔は、この下に
 
駿河大納言忠長が慈母崇源院(江姫)の追善供養のため、1627年(寛永4年)に建立。
奥之院墓石群の中で最も大きい(高さ6.6m)
墓石群は大きいものがたくさん並んでいるのですが、ほんとこの五輪石塔は大きかったです。石塔を撮らなかったので、雰囲気だけ感じていただこうと、傍の杉、空を撮ってみました。
上ばかり撮ってきたので、どれがどうだかわからなくなってしまいましたので、間違いはお許しください。

他にもいろいろ回った中で

大門


根本大塔
 

そして、さすけ
 

 
中には入れないので、外側を回ってみました。

名前はわからないけど白いお花がいっぱい咲いていました。
 

夜は宿坊に泊まらせていただいて部屋で精進料理をいただきました。
 
綺麗な広いお部屋に泊めていただきました。

翌朝は6時半からの勤行に参加
その後の朝食で四国八十八か所を3月からずっと(通し打ち)歩いて回られた70歳の男性にお会いし、私たちの車でのお遍路はとても比較にはならないことを改めて感じました。
「歩きは線でつながり、車は点。」
毎日、食べ物と水の確保、リュックに詰めて歩くわけですから、早く食べて軽くして歩くことだけを考えられたそうです。怖いめにもあったそうで、内容はわかりませんが大変なことは確かです。
是非二人で歩いて回ってくださいとは言われましたが、今の私の体力では無理…。
こんなところなんだな~という感じだけはつかめました。
後は自分の心しだいというところでしょうか。

これで京都府東寺から始めたドライブ四国八十八か所の旅は、高野山で完結。
2年半かかりましたが、雨が1ヵ所だけパラッと降っただけで、いつもいいお天気に恵まれました。
特に高野山ではとてもキレイな青空に心も洗われるようでした。

翌日はもう一度奥之院で新しいご朱印帳にご朱印をいただき、もう少しゆっくりしたい思いでしたが、紀三井寺を目指しました。つづく…
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://sasukegarden.blog.fc2.com/tb.php/87-eec05eb2
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)
Copyright © kulala / Designed by Paroday
まとめ